<< 杉の森 | main | 永井龍雲 天領日田ライブ >>
八女工芸館
0
    アナイキムの裏プロジェクトの為、八女へ行ってまいりました。

    一通り仕事が終わった後、八女の伝統工芸館へ。
    本当は和紙すきがやりたかったのですが、時間の関係上断念。
    しかし調度珍しいビックサイズの和紙を乾かす作業を拝見することができました!

    八女は日本でも屈指の和紙の産地。特に海外輸出量は日本一だとか(たしか)
    職人のおじさんが、10年ぶりに頼まれちゃって〜大変だよ!と嬉しそうに見せてくれた
    大判の和紙。
    このサイズを一人ですくのはとっても大変。

    「はい、一枚とんなさい!」おじさん(職人の方です)にいわれて、パチリ。


    アイロンのような板に貼付ける。。これはさすがに一人では無理のよう。


    ハケで綺麗に貼付ける。


    さわってみ〜
    このくらいになったら乾いたってこと!と触らせてもらいました。


    この大きな和紙は障子紙になるそうです。
    今ではこういった一枚和紙を障子にはるのはとっても珍しいのです。
    おじさん、二の腕かっこい〜〜
    | life | 01:09 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2011/07/15 4:56 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://urablog.anaikim.com/trackback/1612856
    トラックバック